image

image


続きはウーマンエキサイトで↓




肌の色が違う、言葉が変、見た目がおかしい、自分とは違う人、異質なものを排除しようとすることは、案外身近でおきている話。


けれど


条件が変われば、
排除する側の人でもいとも簡単に排除される側に変わるということ。

(例えば自分が海外に行けば海外の人にとって肌も言葉も違う、自分は異質な存在となるなど)



吃音の話もそうで
無知なことに関して
人は誰にでも当てはまりそうな偏った考えが浮かびがちですが

(厳しいしつけや寂しい思いをさせたから吃音になったという誤解など)

吃音に対して認知、理解すると
実はそうではないということがよく分かりました










LINEで読者登録する