あん子ミックス 〜世にも奇妙な体験談〜

体験談をもとにしたエッセイ漫画をかいています

カテゴリ: ある日突然夫が夫でなくなった話

はじめから読むなら 前回の話は この病室は家族以外面会謝絶でした夜中叫ぶ人も脳機能障害の一つの症状みたいです ... 続きを読む
はじめから読むなら



前回の話は



IMG_2495





IMG_2515



IMG_2513




IMG_2522



IMG_2524


IMG_2525


IMG_2526


この病室は家族以外面会謝絶でした

夜中叫ぶ人も脳機能障害の一つの症状みたいです
LINEで読者登録する






はじめから読みたい方は 前回の話は 闘病の話なので話が暗くてすいませんこの話は、夫から聞いた話をもとにかいています。夫が退院するまでの話を描いていこうと思います。最後のイラストは、底無し沼を歩いているみたいだったと夫が言っていたので沼の中を歩いているイメー ... 続きを読む
はじめから読みたい方は



前回の話は


IMG_1236



IMG_1694





IMG_1494

IMG_1695




IMG_1569



IMG_1512






闘病の話なので話が暗くてすいません

この話は、夫から聞いた話をもとにかいています。
夫が退院するまでの話を描いていこうと思います。
最後のイラストは、底無し沼を歩いているみたいだったと夫が言っていたので
沼の中を歩いているイメージで描いています

脳卒中患者の発症3ヶ月以内の自殺率は一般の人に比べて2倍ほど高く
若年者と高齢者と比較すると5.89倍の危険リスクが高まる(スウェーデンの統計分析です。本当はもっと詳しく書いてあったんですけどここでは簡単に書いています)
最初の2年間が最も高く日本でも発症早期、若年者ほど傾向が高いと言われています。

上記の記事を読んだときは、
夫も例外ではなく
発症して1年ほど(特に退院した後が深刻でした)
「死にたい」と言っていたときがあったのでゾッとしました。










LINEで読者登録する


はじめから 前回の続きは あとから知ったのですがこの先生は地元では有名な脳神経外科の先生でした(私が気が動転していてあまりMRIの画像の記憶がないのですが夫いわく) MRIの画像は左脳の広範囲の部分が真っ白だったそうです救急搬送された病院でもっと詳しい説明を知るこ ... 続きを読む

はじめから



前回の続きは



IMG_0901

IMG_1217




IMG_1146


IMG_1149



IMG_1187
IMG_1188
IMG_1189








あとから知ったのですがこの先生は地元では有名な脳神経外科の先生でした


(私が気が動転していてあまりMRIの画像の記憶がないのですが夫いわく) 
MRIの画像は
左脳の広範囲の部分が真っ白だったそうです
救急搬送された病院でもっと詳しい説明を知ることになります

次回は夫目線で描こうと思います

LINEで読者登録する

子育ての話↓↓









はじめから読むなら 前回の話はこちら 失語症とは、脳の損傷により、話す・聞く・読む・書く・計算など言葉に関する能力に障害が残った状態のことです勘違いしやすいのが認知症と違い、物事の判断力、思考能力自体は低下していないのが特徴ですもし突然、長年書いていた自分 ... 続きを読む
はじめから読むなら

前回の話はこちら





IMG_0852



IMG_1227

IMG_0866


IMG_0963


失語症とは、脳の損傷により、話す・聞く・読む・書く・計算など言葉に関する能力に障害が残った状態のことです

勘違いしやすいのが

認知症と違い、物事の判断力、思考能力自体は低下していないのが特徴です


もし突然、長年書いていた自分の名前さえ書け     なくなったら…
  簡単な計算さえできなくなったら
  相手の喋っていることが理解できな     くなったら…
  言葉を言おうとしてもその言葉が浮かばず  うまく話すことができなくなったら…
    (これは全て当時の夫の症状です。)

パッとみたら身体に障害がなく
健常者と変わらないため

誤解されやすく偏見をもたれる場合が多いと言われている病気が失語症です





電話をくれた方(知人)がすごく優しい方で私たちの到着を待っていてくれました。漫画にはかいていませんが赤べこのように丁重にお辞儀を何度もしお礼を言いました。「道に迷った」という電話の前日まで何もおかしいと思うところはなかったと思います。その当時は私は育児でい ... 続きを読む






IMG_0433



IMG_0434
IMG_0473


IMG_0468

IMG_0573






IMG_0562





IMG_0571



IMG_0569




IMG_0567


電話をくれた方(知人)がすごく優しい方で私たちの到着を待っていてくれました。
漫画にはかいていませんが
赤べこのように丁重にお辞儀を何度もしお礼を言いました。

「道に迷った」という電話の前日まで何もおかしいと思うところはなかったと思います。

その当時は私は育児でいっぱいいっぱいで
夫は手術後、プチニート生活を謳歌してて家にはいるものの昼夜逆転生活であまり顔を合わせなかったのもあるし
夫からおかしいということも言われませんでした。


電話を切ったあと、まさか自分の夫に限って…という気持ちと
でもあんな発言するなんて少しおかしいという気持ちがありました

そういえば骨折してギブスはめていた人を見て長女の後輩が「あんな分厚い靴下売ってるんですね」
と素で発言してたと聞いたとき
世の中にはなかなかの強者がいるなと思いました




話は全て実話ですが身バレ防止のため病院名や夫の当時の服装や職業など少しフェイクを入れてます




LINEで読者登録する






つづきます習い事など1.2時間で帰ってこれる外出は、携帯を持って行かないことがよくある私。携帯の意味、全くないという‥ね ... 続きを読む





IMG_0586




IMG_0583



IMG_0588








つづきます

習い事など1.2時間で帰ってこれる外出は、携帯を持って行かないことがよくある私。
携帯の意味、全くないという‥ね

LINEで読者登録する



続きます—————約3年前の話です。ある日突然脳が壊れてしまった夫その夫の見る世界はどういうものなのか、どう感じられるのか、そしてそんな自分自身をどう思うのか妻である私がその時、どう感じていたか過去に戻ることはできないけれど誰しもが長く生きていれば起こる可 ... 続きを読む





















続きます

—————

約3年前の話です。


ある日突然脳が壊れてしまった夫

その夫の見る世界はどういうものなのか、どう感じられるのか、そしてそんな自分自身をどう思うのか


妻である私がその時、どう感じていたか


過去に戻ることはできないけれど

誰しもが長く生きていれば起こる可能性があるかもしれない病気で‥

もし同じような病状がおきたら

こんな人もいたよな‥と参考にしていただけたら嬉しいです

これから不定期更新ですが

綴っていきたいと思います