はじめからから読む 前回の話 朝は早く家を出て、帰りも遅い。それは全部家族のためだと信じていた…。それなのに夫は真っ黒だった。夫の正体を目のあたりにした早苗は…。⑨へつづく ...